『ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」』を見る。

『ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」』を見る。

Youtubeの配信にて視聴。物語がついに動き出した、転換の回でしたね。

アバンタイトル

運営がバグに関するデータを分析し、とあることに気づく一方、リクたちはナミ(ナナミ)さんを新しいチームメンバーに加えてウキウキムード。ナミさんがみんなにお願いを提案したところでアバン終了です。

 

OP

特に変化なし。

 

Aパート

ナミさんのお願いとは、部屋を自分好みにカスタマイズすること! ということで、かわいいアイテムがもらえるミッションをみんなでこなすことに。ナミさんの作った一覧表のミッション名には原作ネタがあちこちに盛り込まれ、一回目は全部を把握することができませんでした笑 後で見返してだいたいは元ネタがわかりましたが、「巨神ゴーレム」「宇宙中生代サバイバル」あたりはよくわかりませんでした。うーん、ガンダム愛が足りない、かも( ̄▽ ̄;)

ナミさんのリストアップしたミッションをこなす中、運営側では前回のナデシコアスロンに出場したプレイヤーにガード機を出すことを決定。遠くからプレイヤーをスキャンする姿がなんだか不気味です。

スキャン位置が顔のほかに胸も確認してるのがちょっと気になりました。大きさに不正はないかをチェックしてるのかもryげふんげふん

ガード機がサラをスキャン後、エラーが発生、彼女を捕えようと襲い掛かります。保護エリアのためガンプラが出せないリクたち。そこに、今までサラをストーカー監視していた黄色い鳥が登場し、彼女を助けてくれました。その後、自身がGBNの開発者であることをリクたちに明かします。

正体を知ったリクのあの何とも言えないリアクション。鳩が豆鉄砲を食らったような声が印象に残りました。

今まで敵か味方かわからない状態でしたが、ここでようやくその立ち位置がつかめましたね。

 

Bパート

秘密の部屋で、ついにサラの正体が電子生命体であることが明かされました。

ゲーム内とはいえ、超常的な力を使えたことやガンプラを持っていないこと、そしてリアルの話に疎かった(というか参加してなかった)理由がこれでわかりましたね。

開発者の話によると、このままサラが成長すればGBNは崩壊することになるそうです……って、えええええええ((((;゚Д゚))))!? いくら想定外の存在とはいえ、サラ一人でそこまで深刻なことになるなんて、ちょっと盛りすぎなような……シバが自前で作ったブレイクデカールがGBNを窮地に陥れているあたり、GBNのサーバーはかなり弱いのでは? と疑わざるをえませんね。。。

話のあと、こっそりとみんなの元を去るサラ。そしてバグの元凶であるサラを捕まえるため、リクたちの前にゲームマスターが現れます。

 

ED&Cパート

置き手紙を確認したゲームマスターはサラの行方を追うため、その場を立ち去ります。

今までみんなで楽しく笑っていたED曲をバックに、暗い表情でとぼとぼ歩くサラが切なかったです(´;ω;`)ブワッ

 

次回予告ではシバとオーガの姿が確認できました。リクのナレーション的に、オーガは空気を読まず戦いを挑んできた様子。ですがオーガはそんなキャラではないはずなので、何か理由があってのことでしょう。その経緯と、コーイチとシバの対話も気になるところですね。

2クール目が始まってから、ようやく物語が動き始めましたね。今まで溜めたバネを一気に開放して、大きく盛り上げていってほしいです(^o^)