『ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」』を見る。

『ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」』を見る。

Youtubeにて視聴。タイトル通り、全てが決まった戦いでした。事実上の最終回でしたね。

 

アバンタイトル

チャンピオンと初めて会った日を思い出すリク。憧れの存在が今、大きな壁となって目の前に立ち塞がっています。

望まない形ではありましたが、リクとチャンピオンの約束がついに果たされました。

ふたりの開戦&サラの顔アップでアバン終了。サラの複雑な感情がその顔に現れています……可愛いサラの顔をこんなに暗くしやがって! 許さんぞGMヽ(`Д´)ノ!!(GMとばっちり?←いや当然

 

Aパート

「押し退ける!」と言い放ったリクですが、チャンピオンの圧倒的な強さにフルボッコにされてしまいます。切り札のトランザムはFXバーストで返り討ちにされ、必殺技の弓矢(初登場?)もビームサーベル一本ではじき返されてしまいます((((;゚Д゚))))つ、つえぇ……前回ランキング7位のメビウス・ゼロ乗りを多対1で屠るほどの超成長をしたリクですが、チャンピオンは依然はるか高みの存在……一撃も加えることができず、00スカイは地面に叩き落されてしまいました。

ライフルをゼロ距離で突きつけ、止めの一撃を加えようとするチャンピオン。そのとき、サラの叫びとともに上空からオーガが登場! 間一髪のところでリクは助かりました。あ、危なかった(;´∀`)

ドージのブレイクデカール暴走以来の共闘……かと思いきや、チャンピオンをひとりで食べる(倒す)気満々のオーガ\(^o^)/

「お前を倒すのは俺だ!」と某サイヤ人の王子ばりのツンデレ台詞を言ったところでAパート終了です。盛り上がってまいりました(`・ω・´)

 

Bパート

ほかの仲間たちの元にも百鬼のメンバーが助太刀し、ピンチをいったん逃れます( ;´Д`)=3

そしてオーガは1対1でチャンピオンと真っ向勝負。サラの命を懸けた戦いですが、オーガは「茶番」と一蹴。あくまでも美味いバトルをするための前座でしかないようです。さすがオーガさん。ブレない(好感度+200ポイント←

しかしその滾っているオーガでさえチャンピオンには届きません。GP羅刹の近接攻撃を軽くいなし、即座に止めを刺そうとするチャンピオン。今度はリクが助太刀して事なきを得ますが、リクがいなかったら速攻でやられていました。以前あれだけの力を見せつけてくれたオーガが赤子同然とは……絶望感半端ねえ( ̄ロ ̄lll)

1対1では勝てないとオーガも悟ったのか、今度はふたりがかりでチャンピオンに向かいます。……って、あれ、チャンピオンはひとりのまま?? フォースネストの近くなのに援軍が一機もいないのはちょっと疑問でした。10000対1以上の戦力差とはなんだったのか(禁句オブ禁句

リク&オーガはトランザム、チャンピオンはFXバーストを使用、激しい戦いが繰り広げられます。

トランザム使用中の機体2機を相手にしても、チャンピオンは全く引けをとりません。それどころか、2機ともさらにフルボッコ(;´Д`) 00は左腕・片目・腹部など全身をあちこち潰され、羅刹は両腕・両肩にダメージ&武器破壊&ビーム連射でハチの巣に……圧倒的すぎる。。もうだめだぁおしまいだぁ

しかし、なおも戦おうとするふたり。スパークを出しながら立ち上がる00スカイ(リク)にチャンピオンは問います。「なぜ立ち上がるのか」と。その答えはただひとつ、「ガンプラが好き」だから。そしてその「好き」という気持ちで生まれたサラを消したくない。それは、自分たちの「好き」を否定することになるのだから、と。

このとき、チャンピオンが通信をオープンにして全ユーザーにリクたちの思いを聞かせているところがグッときました。チャンピオンは実は先ほどの問いの答えを知っていたんだろうと思います。そしてその答えは自分たちの答えでもあるということも。立場は違えど、本質は互いに同じであることを、リクたちの口からしゃべってもらうことでみんなに伝えたかったのでしょうね。チャンピオン良い人すぎる(好感度+100000000ポイント←

とみんなが再び自分たちの思いを一つにしている最中、「御託は済んだか!」と彼らの言葉に蹴りを入れて必殺技をちゃっかり発動するオーガさん。やべぇ、やっぱブレないわこの人。すき←

リクは最後の力を振り絞り、必殺技の剣を装備。チャンピオンも応えるように剣を天に昇らせます。

ついに決着のとき。トリプル顔芸 激しい形相で必殺技をぶつけ合います。

ここでも圧倒的な強さを見せるチャンピオン。ふたり分の必殺技をひとりで押し止めます。もはや人力でチートの領域に突入している……((((;゚Д゚))))

苦しそうに悶える二機。もはやこれまでか……と思いきや、右手のアイテムが光り、リクに力を与えます。

ギリギリのところで必殺技を押し退け、AGE2マグナムは蒸発、ついにチャンピオンに勝利しました!!!!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

光の中で消えていくチャンピオンの顔がなんとも晴れやかでした。さよならチャンピオン。・゜・(/Д`)・゜・。(勝手にころすな!

ボロボロになった00スカイで、お城へ向かうリク。微妙な間があったので、まさか狙撃されるのでは(゚Д゚;)? と内心ひやひやしていましたが、チャンピオンが敗れたことで戦意喪失したのかor空気を読んだのか←、なんとか無事サラのもとまでたどり着くことができました。

嬉し泣きをしながらゴロゴロ抱きしめあうふたりの圧倒的イチャコラ()が眩しすぎて画面が少し見づらかったです。゚(゚´ω`゚)゚。 よかったよかった……とりあえず、は(確率12%が脳裏をよぎる

その様子を間近でガン見していたGM。観念したのか、ため息交じりに指を鳴らし、バトルはついに終了。ビルドダイバーズの勝利となりました。

 

ED&Cパート

バトル終了後、機体を回復させ、サラとともにログインゲートへ向かうリクたち。が、道中、バグによって暴走したレイドボス(ヴェイガン・シド?)が彼らの前に立ち塞がりました。

サラを送信するためには倒すしかない。唐突ですが、ビルドダイバーズの本当の最後の戦いが始まりました。

次回はビルドシリーズ恒例のお祭り最終回。次回予告にはアストレイノーネイムの姿もあり、活躍が非常に楽しみです。