【スマブラSP】 ファイター『リンク』の使用感まとめ【ver.3.0.0】

【スマブラSP】 ファイター『リンク』の使用感まとめ【ver.3.0.0】

久しぶりの更新になりました。まだサイトがあってよかった

忙しくて更新できなかった……と言い訳できればよかったのですが、実際のところ、技の検証とオンライン対戦をやりすぎて放置してしまいました(滝汗←

スマブラ面白いです。ついついやりすぎてしまいます(;´∀`)自制せねば……

1月末のアプデでVIPマッチのマッチングの仕様及び世界戦闘力の算出方法が改善され、各地にいる猛者といつでも対戦できるようになってから、ここ最近はず~~~~っとVIPマッチに入り浸っております。

VIPマッチはやりたいルールで対戦できない・たま~に露骨な煽りプレーor切断をする人と当たるなどの欠点はいくらかあるものの、世界戦闘力の数値を賭けて本気で対戦してくれる人がほとんどなので、手応えに関しては満足しています。負けた時の下がり幅が大きいので落ち込む日も少なくありませんが。・゜・(/Д`)・゜・。

 

今回は発売日からずっとオンライン対戦の1on1で使い続けているファイター『リンク』についての大まかな評価や各技の使用感について色々書いてみたいと思います。細かい数値(ダメージ%・フレーム)などは既に有志の方々のご厚意によりたくさんのデータが公開されているので、この記事ではあまり取り上げません。

また、タイトルにも記載してますが、ver.3.0.0時点での内容になるので、今後のアップデートにより各部分の内容に差異が生じることがあります。予めご注意ください。

 

総評

まずリンクについての簡単な総評を述べます。今作のリンクははっきり言うと強キャラです。強い。マジで強い。

長所をざっと挙げると

・剣による長めのリーチ、高い攻撃力と撃墜力のある技を複数持つ

・4種類の上下左右に緩急のつけられる飛び道具により、中~遠距離からの柔軟な待ちプレイができる

・強判定&持続の長い空中ニュートラル攻撃を持ち、多くの状況を制圧できる

・前方発生7F、後方にも攻撃できる回転斬りをガーキャンから出せる

・つかみ技がワイヤーつかみから通常つかみに変更され、リスクが減少した

・疾風のブーメランが通常のブーメランに、爆弾がリモコンバクダンに変更され、対戦中の事故が減った

・リモコンバクダンで遠距離から相手を撃墜できるようになった他、自爆復帰により復帰力が格段に増した

・わずかではあるが地上、空中ともに横移動の速度が増えて間合い管理しやすくなった

・トップクラスの落下加速性能により上下にメリハリのある動きができ、着地をある程度ごまかせる

・体重が重めで強力なふっとばし技を食らってもある程度は耐えられ、最後まで粘り強く戦える

などなど、SPでは今まで強かった部分はそのままに、短所がいくつか改善されて対応できる場面がグッと増しました。操作していてより面白いファイターになったと言えます。

お気に入りの技は下必殺技『リモコンバクダン』です。後述しますが、あらゆる場面で使うことができる懐の深い技です。リモコンバクダンをどれだけ使いこなせるかがSPリンクの肝だといっても過言ではないでしょう。

 

上記の通りリンクは以前にも増して強くなりましたが、一方で弱点もあります。こちらもざっと挙げると

・技の発生が全般的に遅く、近接で発生勝ちできないことがしばしば。暴れも通りにくい

・スマッシュ攻撃や回転斬りなどの技は強力な反面、後隙が大きいので避けられるとかなり手痛い反撃をもらってしまう

・飛び道具の回転率は高くなく、後隙もあるので入れ込みすぎると狩られやすい

・爆弾をすぐに使える状況でないときの復帰力は低く、また復帰中に事故らされるとあっけなくやられてしまうことも(涙)

・崖上がりの選択肢が強くないので読み勝たないと強力な持続技や範囲技などで延々とハメられるor撃墜されてしまうことがある

・体重が重めなぶん、序盤~中盤にかけてお手玉コンボされやすい

・いくらか改善されたとはいえ、やはり運動性能は低めなので足の速い相手はやや苦手

と、書いていて自分でダメージを受けるような短所がちらほら。・゜・(/Д`)・゜・。←なぜ書いたし

序盤、中盤、終盤すべての段階が大事なのは言うまでもありませんが、リンクを操作していて特に慎重に戦わないといけないのは序盤だと思っています。

なぜなら、序盤は多くのファイターがリンクに対してコンボを決めやすく、またこちらの攻撃を当てた後の硬直差があまりとれないので近接で発生負けしやすいからです。場外に低く飛ばされた後に追撃を食らって復帰できなくなるなどの不利状況を作られやすいのも序盤~中盤あたりで、リンクの弱点を突かれやすい段階なのです。

なので、リンクを使うときは最初の展開作りを心掛けていきましょう。

なお、%ダメージの溜まった中盤~終盤以降になるとリンクは復帰力・技の吹っ飛ばし力がともに強くなるので結構粘れます。リードされても最後まで焦らずに立ち回りましょう٩( ‘ω’ )و

 

弱攻撃

いきなりですが、この技は単発で振らないほうがいいです。

というのも、当てても相手があまり浮かないのでヒット確認が難しく、また弱2をガードされてしまうと分の悪い読み合いをする羽目になるからです。空振ったときの後隙も少なくありません。

3段まで当て切れば12.6%のダメージ&OP回復&ライン回復といったそこそこのリターンはあるので、空中ニュートラル攻撃をカス当てしたときやガード解除からの確反などの確定状況でのみ使うと良いです。

また、相手がダウンしたときに当てるとダウン連を狙うこともできます。横スマッシュを確定で当てられるチャンスを作れるので、相手がダウンしたのを確認したらすぐに近づいて振る癖をつけておくと撃墜力UPできます。

 

横強攻撃

主に置き崖上がりを狩るときに使っています。

技の発生が遅いので狙ってやるのは少し難しいですが、斜め上にも判定があるので対空技としても使えなくはないです。

威力とリーチを活かして、ガードしている相手にわざと当ててつかみ技をスカらせる釣り行動を狙うこともできますが、後隙が若干あるので、出の早い空中技やガーキャン行動を持っている相手には多用しないほうがいいでしょう。特に背中を向けてガードしている相手に適当に振ると大抵痛い目に遭います(経験者は語る←

 

上強攻撃

主にコンボ対空着地狩りに使っています。

コンボは下投げから、もしくは単発ヒットからそのまま上強n回→追撃の大J空中上攻撃or暴れ読みの各種スマッシュ・ガーキャン回転斬りなどでダメージを稼いでいきます。

攻撃判定は後ろ→斜め前方の順に出るので、目の前にいる相手に暴れようとして振ってしまわないよう注意が必要です。

私はよく空中の相手に歩き上強による着地狩りをチラつかせてプレッシャーを与え、崖際に追い込むといった動きを使ってます。リンクは歩行速度が優れており、歩きによる間合い管理がやりやすいので個人的になかなか強い行動だと思ってます。

 

下強攻撃

現状ほぼ封印技です。

しずえの下必殺技『しかけハニワくん』の破壊や、しゃがんだカービィへの牽制といった限定的な場面での使い道はありますが、積極的に振る必要性は今のところないと思います。

当てれば相手を程よく空中に浮かせることができるので、有利な展開を作ることはできます。

ヒット後は地上で待機して着地狩り、もしくは各種空中攻撃で連携を狙いにいきましょう。

 

横スマッシュ攻撃

主に最大確反ガードクラッシュを狙うときに使っています

相手のシールドを削りやすいので、シールドが小さくなっているのを確認したら積極的に近づいて振っていきましょう。特に0%時は剣ビームでより多くシールドを削れます。

横スマッシュを確定で当てられる状況を知っておくと撃墜力がグッと増すので、技の硬直差の計算は面倒ですがやっておくことをおススメします。

 

上スマッシュ攻撃

 

主にダッシュ攻撃・空中攻撃などで突っ込んできた相手への確反に使っています。

1段目の後方の攻撃範囲がかなり広く、空中攻撃でめくってきた相手もガッチリ捕まえることができます。

位置に合わせて回転斬りか上スマッシュかを判断できれば撃墜力UPに繋がります。

 

下スマッシュ攻撃

主に着地狩り内回避読み、地上技への確反に使っています。

地上技への確反はできれば横スマッシュでとっていきたいですが、発生Fが遅く間に合わないことが多めなので、その代用で使うといった感じです。リーチがあるのでノックバックで離されても割と安心して出せます。

ある程度%が溜まっていれば空中ニュートラル攻撃のカス当てから繋げることもできます。

 

ダッシュ攻撃

主にダウンした相手への追撃着地狩り崖狩りに使っています。

ダウンした相手には弱攻撃を当ててからの横スマッシュのほうが最大リターンを狙えますが、こちらはその場受け身を取られても持続当てを狙えるメリットがあるので、相手を崖端に飛ばしたときはこちらのほうをよく使っています。

余談ですが、攻撃時にリンクが浮くので地上技を避けながら攻撃を当てることも可能です。実戦で狙うのは難しいですが、うまく決まればちょっと面白いことが起こったりします…笑

 

空中ニュートラル攻撃

リンクの要その1コンボダウン狙いスカし狙い確反牽制着地狩り阻止復帰阻止飛び道具の相殺などなど、どんな状況でも振っていける万能技です。

出始めの判定が恐ろしく堅いので、出しさえすれば相手が無敵でもない限り判定勝ちor悪くても相打ちに持ち込めます。「困ったらこの技を出しておけばなんとかなる」といっても過言ではないくらい、結構何とかなります←

出すタイミングや急降下の緩急をつけるなどの工夫をするとさらに応用の幅が広がるので、相手に合わせて臨機応変に出していきましょう。

 

空中前攻撃

主にブーメランヒット後の追撃ジャンプ読み飛び道具への差し返し置きなどに使っています。

急降下と合わせて出すと、地上空中問わず相手を迎撃できる「技の壁」を作り出すことができ、かなり強いです。

2段目を地上ギリギリで出すための急降下のタイミングは若干コツがいるので、トレーニングモードでしっかり練習しておきましょう。

1段目だけでは相手を飛ばすことはできませんが、相手の%ダメージが溜まっていれば急降下しながら1段目ヒット→下スマッシュor回転斬りの連携で撃墜を狙うことができます。

 

空中後攻撃

主に背面にいる相手への攻撃台降り時の牽制に使っています。

ガーキャンから最速で出すと打点が高くなるので、姿勢の低い相手にうっかり振らないよう注意しましょう(自分への戒め←

対戦中に狙うのは難しいですが、急降下しながら1段目のみを当てれば上スマッシュや回転斬りに繋げることができます。相手が台下にいれば狙いやすくなるので、意識できると撃墜の選択肢を増やせます。

背中を向かされたまま飛ばされた時の暴れに使うこともありますが、判定は強くないので過信は禁物です。

 

空中上攻撃

主に対空下投げからの追撃に使っています。

判定が堅く、発生負けさえしなければ大抵のキャラの空中ニュートラル・下攻撃に打ち勝つことができます。また、持続が長いので空中回避で避けられても持続部分を引っ掛けることができたりします。相手の移動方向をよく見ながら剣部分を重ねておくと狙いやすいです。

下投げからの追撃は基本的に相手がベクトルを内変更した場合に限りますが、相手が重量級ファイターであれば外変更されても確定で当てられる%帯があります。

 

空中下攻撃

主に着地狩り阻止復帰阻止に使っています。

持続が異常に長いのと、リンクの急降下性能が相まって落下中はかなり咎められにくいです。

着地隙がそこそこあり、また身体に攻撃判定はないので着地地点への置きスマッシュや横からの差し返しには気を付ける必要があります。

持続が長いことを活かして崖際での復帰阻止に使うのも有効です。崖外への相手に追撃するのであればSJ最速で出すより気持ち少し遅らせてから出すと体感よく当たってくれます。

 

通常必殺技『弓矢』

主に起き上がりを狩るときや足止め待ち復帰阻止に使っています。

接近してダッシュ攻撃とつかみの2択を仕掛けてくる相手の出鼻をくじいたり、復帰中の相手に打って復帰ルートの制限・高度を下げるなど、中遠距離での痒いところに手を伸ばせる使い勝手の良い技です。後隙が若干あるので近距離では封印しましょう。

矢を拾うと使用できる二連弓ですが、今のところ無理に使う理由はないと感じています。

矢はシンプルな投擲アイテムとしても利用できるので拾っておくのは悪くないです。相手の%がある程度溜まっていれば矢を当ててからダッシュつかみなどが間に合います。

余裕があれば二連弓の最大溜めで大ダメージorシールド削りを狙いましょう。復帰中の相手に当てられればそのまま撃墜することもできます。

 

横必殺技『ブーメラン』

主にコンボ牽制着地狩り対空に使っています。

近距離で命中すると序盤~中盤にかけて各種空中攻撃でのコンボが可能です。終盤で相手が大きく吹っ飛んだときは空中回転斬りで追いかけて撃墜が狙えます。

また、ブーメランの戻りにも攻撃判定があるので、近距離の相手に引っ掛けて空中前攻撃や上スマッシュで撃墜を狙うこともできます。投げておくと結構引っかかってくれるので、行きだけでなく戻りもしっかり意識しておくとチャンスが増えます。

ver.3.0.0のアップデートでシールドに対しての攻撃力が下がりましたが、攻撃力は元々高くなかったのであんまり変わっていないかな?といった印象です。今後対戦してく中で色々気づくことがあるかもしれません。

 

上必殺技『回転斬り』

リンクの要その2復帰コンボ確反復帰阻止など、要所要所で活躍する重要な技です。

ガーキャンから発生7Fで左右に撃墜できる技を繰り出せるという、全ファイターのガーキャン行動の中でもトップクラスの攻撃性能を持っています。

半面、後隙は非常に大きく、ガードされるとかなり痛い反確をとられてしまうハイリスクな技でもあります。

即座に状況を判断する反応速度とどの技に対して確反できるかの知識、そしてそれらを補う経験を同時に問われるので、リンクを使うプレイヤーとしての腕の見せ所でもあります。

コンボは下投げやブーメランからのほか、空中ニュートラル攻撃のカス当てや空中後攻撃の1段当てから行うことができます。特に下投げとブーメランからのコンボは火力UP・撃墜力UPに繋がるので、確実に出せるよう練習しておきましょう。

空中の背面の攻撃判定が思いのほか広いため、復帰時に崖つかまりをキャンセルしながら反転して出すことで崖上の相手を巻き込む奇襲を行うこともできます。が、読まれるとメテオなどの強烈な復帰阻止を食らってしまうリスクもあるので、仕掛けるのは確実に当てられるときかストックに余裕のある時などにしたほうが無難です。

 

下必殺技『リモコンバクダン』

リンクの要その3コンボ飛び道具への差し返し・相殺復帰阻止遠距離からの撃墜狙い崖上がり狩りのほか、自爆による復帰など、多くの可能性を秘めた技です。

アイテムなので上下左右に緩急をつけて投げられるほか、爆弾に攻撃することでさまざま角度に飛ばすことができます。非常にたくさんの飛ばし方があるため、未だにすべてを把握しきれていません(;´∀`)

起爆後は基本的に何も繋がりませんが、相手の%が溜まっているときに起爆前の爆弾を近距離でぶつけると硬直差が取れるので、ダッシュつかみなどで追撃できます。

相手を外に出した後はそのまま爆弾を投げて阻止するか、崖端に設置して崖上がりを狩りましょう。

また、低く飛ばされてしまったときは自爆して自身をステージ側に吹っ飛ばすこともできます。ベクトル変更によって吹っ飛ぶ角度を変えられるので、自分と相手の位置を瞬時に把握してベクトル変更できると安定して戻りやすくなります。

自爆による復帰の操作・判断は結構難しく、練習必須です。できれば毎日ちょっとずつでもいいので練習しておくとよいでしょう。

私はリンクで対戦する前は必ずトレーニングモードで自爆復帰の練習をしています。

 

前投げ・後投げ

特に説明することはないくらい、ごく普通の投げ技です。しかしそれがうれしい。崖に近い方向に投げましょう。

前投げは相手を前方に低く飛ばし、後投げは相手に背中を向かせて飛ばすことができます。

崖際でつかむことができれば有利な展開に持ち込めるので、隙あらばポイポイ投げていきたいところです。

 

上投げ

高%時の撃墜に使います。相手がマリオの場合、終点で172%、戦場の下の台で180%で撃墜できます。

私は今のところ撃墜専用技として使っていますが、戦場などのステージで台乗せを狙ったり、着地の読み合いを強引に仕掛けるといった渋い使い方もできます。

 

下投げ

主に低~中%の相手へのコンボに使っています。

基本的に低%時は上強、中%以降は空中回転斬りでコンボを狙うことができますが、ファイターによって当たる技の数や%帯の広さなどに細かい違いがあるので、時間をかけて丁寧に調べておくことをおススメします。それだけ価値のある技です。

傾向としては、軽量級ファイターは全般的にコンボ耐性が高く、当たる技の数・%帯ともに少ないです。

逆に重量級ファイターは当たる技の数・%帯ともに幅があり、例えばクッパやデデデ、リドリーなどのファイターには上スマッシュを確定で当てられる%帯があります。ほかにもいくつか当てられる技があり、まだまだ開拓の余地がありそうです。


以上、大まかですがリンクについて現状思っていることでした。今回の記事を読んで、リンクに少しでも興味を持っていただければ幸いです。

次回は引き続き「リンク」に関することか新DLCファイター「ジョーカー」の評価・対策、あるいは「ロゼッタ&チコ」について記事にできればと思います(できるとは言っていない)。